化学

有機溶媒の極性・沸点・水溶性のまとめ

溶媒特性のまとめ

TLCやカラムクロマトグラフィーを行う上で、溶媒の極性を調べたいことがありますよね!
溶媒の極性を表す指標には誘電率があります。誘電率が高いほど極性が高いといえます。
溶媒の沸点や水への溶解度をまとめた表を作成しました。

溶媒の極性や沸点の表まとめ

溶媒 分子式 分子量
沸点 融点 密度 溶解度 比誘電率 引火点
(°C) (°C) (g/mL) (g/100g) (oC)
ヘキサン C6H22 86.18 69 -95 0.655 0.0013 1.89 -23.3
ヘプタン C7H16  100.2 98 -90.6 0.684 0.01 1.92 -4
シクロヘキサン C6H12  84.16 80.7 6.6 0.779 <0.1 2.02 -20
ジオキサン C4H8O 88.11 101.1 11.8 1.033 2.21 12
テトラクロロメタン CCl 153.82 76.7 -22.4 1.594 0.08 2.24
p-キシレン C8H10  106.17 138.4 13.3 0.861 Insoluble 2.27 27
ベンゼン C6H 78.11 80.1 5.5 0.879 0.18 2.28 -11
m-キシレン C8H10  106.17 139.1 -47.8 0.868 Insoluble 2.37 27
トルエン C7H 92.14 110.6 -93 0.867 0.05 2.38 4
トリエチルアミン C6H15N 101.19 88.9 -114.7 0.728 0.02 2.4 -11
o-キシレン C8H10  106.17 144 -25.2 0.897 Insoluble 2.57 32
ジエチルエーテル C4H10O 74.12 34.6 -116.3 0.713 7.5 4.34 -45
CPME 106 -140 0.86 1.1 4.76 -1
クロロホルム CHCl 119.38 61.7 -63.7 1.498 0.795 4.81
クロロベンゼン C6H5Cl 112.56 131.7 -45.6 1.1066 0.05 5.69 29
酢酸エチル C4H8O 88.11 77 -83.6 0.895 8.7 6 -4
酢酸 C2H4O 60.05 118 16.6 1.049 6.15 39
ジメチルエーテル C2H6O 46.07 -22 -138.5 NA NA 6.18 -41
Me-THF 80.2 -136 0.85 14 6.97 -11
1,2-ジメトキシエタン C4H10O 90.12 85 -58 0.868 7.2 -6
ジエチレングリコールジエチルエーテル C6H14O 134.17 162 -68 0.943 7.23 67
THF C4H8O 72.11 66 -108.4 0.886 30 7.6 -21
ジクロロメタン CH2Cl 84.93 39.8 -96.7 1.326 1.32 9.08 1.6
1,2-ジクロロエタン C2H4Cl2 98.96 83.5 -35.3 1.245 0.861 10.42 13
ピリジン C5H5N 79.1 115.2 -41.6 0.982 12.3 17
t-ブチルアルコール C4H10O 74.12 82.2 25.5 0.786 12.5 11
2-ブタノール C4H10O 74.12 98 -115 0.808 15 15.8 26
1-ブタノール C4H10O 74.12 117.6 -89.5 0.81 6.3 17.8 35
2-プロパノール C3H8O 88.15 82.4 -88.5 0.785 18.3 12
3-ブテン C4H8O 72.11 79.6 -86.3 0.805 25.6 18.5 -7
1-プロパノール C3H8O 88.15 97 -126 0.803 20.1 15
アセトン C3H6O 58.08 56.2 -94.3 0.786 20.7 -18
エタノール C2H6O 46.07 78.5 -114.1 0.789 24.6 13
HMPA C6H18N3OP 179.2 232.5 7.2 1.03 31.3 105
ジエチレングリコール C4H10O 106.12 245 -10 1.118 10 31.7 143
NMP CH5H9NO 99.13 202 -24 1.033 10 32 91
メタノール CH4O 32.04 64.6 -98 0.791 32.6 12
ニトロメタン CH3NO2 61.04 101.2 -29 1.382 9.5 35.9 35
DMF C3H7NO 73.09 153 -61 0.944 36.7 58
アセトニトリル C2H3N 41.05 81.6 -46 0.786 37.5 6
エチレングリコール C2H6O 62.07 195 -13 1.115 37.7 111
グリセリン C3H8O 92.09 290 17.8 1.261 42.5 160
DMSO C2H6OS 78.13 189 18.4 1.092 25.3 47 95
H2O 18.02 100 0 0.998 78.54
MTBE C5H12O 88.15 55.2 -109 0.741 5.1 -28
石油エーテル 30-60 -40 0.656 -30
HMTP C6H18N3P 163.2 150 -44 0.898 26

エクセル版を下のリンクに貼っておきます。沸点順に並び替えたりできるので、便利だと思います。

溶媒の特性.xls

溶媒の極性とは?

有機合成をする上で、極性の理解は非常に重要です。

極性を理解していないと反応の進行を調べるTLC(薄層クロマトグラフィー)や「精製」で利用するカラムクロマトグラフィーがうまく出来ないからです。

極性の高い溶媒はのような溶媒

極性の低い溶媒はヘキサンなどの油です。

極性が生じるのは電子の偏りによるものなので、電気陰性度の高い原子が含まれていると極性が高くなることが多いです。極性の高い水やエタノール、アンモニアなどは、酸素や窒素といった電気陰性度の高い元素が入っています。

反対に極性の低い溶媒はヘキサンやトルエンといった炭化水素類で、電気陰性度の高い酸素や窒素などが入っていません。そのため、溶媒の極性が高いかどうかを知るにはその物質の構造が頭に浮かべば分かるようになってきます。

よく使用する有機溶媒の紹介!

ヘキサン

ヘキサンは実験室で利用する無極性溶媒で最も有名なものだとおもいます。

ABOUT ME
こめやん
こめやん
こめやんは理学博士です!化学の面白さと学ぶメリットを少しでも伝えるために日々頑張ります! ツイッターにて疑問点や依頼などを募集しています! 論文の和訳やレポートのチェックなどでもお気軽にお待ちしております

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。