To make Everyone Researcher  全ての人を研究者に 

リチウムジイソプロピルアミド (LDA) 化学で強塩基

LDAの性質と反応

リチウムジイソプロピルアミド (LDA)は化学で利用される強塩基で金属アミドに分類されます。非常に強力な塩基として有機合成反応で利用されます。

LDAとは?

金属アミドに分類されるリチウムジイソプロピルアミド (LDA)は、ジイソプロピルアミン中にn-ブチルリチウムを添加することによって合成される強塩基です(共役酸のpKa36)。

t-BuOKなどでは引き抜くのが難しいケトン類などの水素を引き抜くことが可能です。またイソプロピル基に由来する立体障害のおかげで求核性が低いため、ノルマルブチルリチウムで問題となるような反応(ケトンに対する求核付加)を抑えながら、プロトンを引く抜くことが可能です。

LDAよりも求核性が低いような塩基で容易に利用、入手可能なものとしては、ジシラザン塩基(KHMDS,LiHMDS)やLiTMP(テトラメチルピペリジド)などがあります。

LDAを使った反応

エノラートの発生にLDAは有効です。特に強塩基を必要とするケトンのエノラートなどはLDAを用いることにより定量的に生成できます。同じく強塩基で、エノラート生成にも利用されるNaHとの違い、利点として、LDAは有機溶媒への溶解性が高く、嵩高さがあります。有機溶媒への溶解性は迅速なエノラート生成を可能にし、さらに嵩高さによって位置選択性がうまれます。通常、接近しやすい位置の脱プロトン化が進行します(立体が空いている方のプロトンを引く抜く)。

LDAはZエノラートを生成しやすいという特徴があります(LiTMPはEエノラート選択的)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。