To make Everyone Researcher  全ての人を研究者に 

シュロッサー塩基 Lochmann – Schlosser塩基

シュロッサー塩基とは?

シュロッサー塩基はtBuOKとブチルリチウムの混合物からなる強力な塩基で「超塩基」と呼ばれています。

シュロッサー塩基とは?

シュロッサー塩基はManfred Schlosserによって発見された超塩基で、アルキルリチウムとtert-ブチルカリウムから作られます。

一般的なシュロッサー塩基は、ノルマルブチルリチウムとtert-ブチルカリウムを1:1で混合させて調製します。シュロッサー塩基は非常に強い塩基性を有しており、トルエンのメチルの水素を引き抜いて、メタル化してベンジルカリウムを生成します。通常トルエンとノルマルブチルリチウム(及びtBuOK)はほとんど反応しません。シュロッサー塩基ではベンゼンの水素も引き抜いてメタル化します。

活性種は何?

ノルマルブチルリチウムとターシャリーブトキシカリウムとの反応によって、アルキルカリウムが生成していると考えられています(Tert-K)。

n-BuLi + tBuOK → n-BuK + tBuOLi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。