食品

グリシンがお酒による肝臓ダメージを軽減!酔い予防効果も?

グリシンの肝臓保護作用

グリシンにまた新たな効果があることを発見しました。グリシンはアルコールの血中濃度を下げて肝臓への負担も軽減させるというものです。

グリシンとアルコール

グリシンはγ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)、アルカリホスファターゼ、アスパラギン酸トランスアミナーゼなどのアルコールの飲み過ぎで肝臓へ負担がかかると異常になる検査値を正常に近づける効果があると報告されています。

そのため、グリシンを摂取するとアルコールの飲み過ぎによる肝臓への負担を軽減させるのに効果的だと考えられます1)

グリシンはアルコールの飲みすぎで崩れがちな血清の脂質値を正常に戻す作用もあるとされています。アルコール誘発性の高脂血症モデルの動物実験では、グリシンを与える事によって、脂質レベルが低下した結果が得られています。

さらに、あらかじめグリシンを摂取すると血中のアルコール濃度が下がるという報告もあります。

飲酒前にグリシンを摂取しておくと酔いにくくなるということですかね?

なんと肝臓に対する効果は、すでに肝臓に障害が出ている人でも効果があるという研究結果もでています2)

グリシンは胃腸の保護作用もあるということなので、お酒による胃へのダメージも抑えられることができるかもしれません。

お酒に合う?グリシンが豊富な食材ランキング

グリシンが肝臓へのダメージが軽減されるなら、お酒と一緒にグリシンが豊富な食材を食べれば一石二鳥ですね。

グリシンはアミノ酸なので、肉などタンパク質に多いような印象ですが実際はどうでしょうか? グリシンが含まれる食品をランキングでまとました。

順位 食材 含有量(mg/100g)
1 ゼラチン 24000
2 ほたて 7700
3 するめいか 5000
4 とびうお(干し) 4300
5 真鱈 4000
6 さばぶし 3800
7 干しアワビ 3500
8 エビ(ボイル) 3400
9 ビーフジャーキー 2700
10 のり 2300
11 鶏もも 2100
12 うに 2000

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より引用

ゼラチンは圧倒的な含有量を誇っていますね。ここには載っていませんが、豚足などはよいかもしれません。こう見るとお酒に合いそうな食材にはグリシンが豊富に含まれているんですね。ホタテやイカなど軟体動物に多いみたいです。

参考文献

1)Senthilkumar, Rajagopal, Periasamy Viswanathan, and Namashivayam Nalini. Pol J Pharmacol 55.4 (2003): 603-11.

2)Senthilkumar, R., M. Sengottuvelan, and N. Nalini. Cellular biochemistry and its modulation by active agents or disease 22.2 (2004): 123-128.

3)Razak, Meerza Abdul, et al. Oxidative medicine and cellular longevity 2017 (2017).

アミノ酸の種類と構造
アミノ酸の種類と構造の一覧アミノ酸は生物の筋肉や臓器、酵素などさまざまな働きをしているタンパク質を作る基本ブロックである重要な成分です。 何十万もの分子量の...
グリシンの睡眠改善
グリシンの睡眠改善効果グリシンは最も単純なアミノ酸の一つです。必須アミノ酸ではありませんが、体内のタンパク質を構成している重要なアミノ酸の一つです。 近...
飲酒で吐く理由とは?アセトアルデヒドが原因?
飲酒で吐く理由は?お酒を飲みすぎると気持ちの良い気分もだんだんと意識が遠のいて、頭痛や心臓が早く脈打ったり、吐き気を催したりしてきます。お酒が強い人はこの...
ABOUT ME
こめやん
こめやん
こめやんは理学博士です!化学の面白さと学ぶメリットを少しでも伝えるために日々頑張ります! ツイッターにて疑問点や依頼などを募集しています! 論文の和訳やレポートのチェックなどでもお気軽にお待ちしております