濡れない水の正体!成分の化学構造は?

濡れない水とは

濡れない水とは?

濡れない水とは水のように無色透明ですがすぐに蒸発して濡れないという謎の液体のことです。怪しい液体ですが人体には無害と言われています。

この濡れない水はこうした面白い性質をがあることからYouTuberの方々に企画の題材としてよく使われています。

人気youtuber水溜りボンドでも取り上げられている濡れない水

この謎な液体は3M社という化学メーカーが開発したノベックという製品です。

https://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/novec-jp/

これが一体どんな物質なのかは化学構造を見ればわかります。

濡れない水は水ではない!?

濡れない水は「水」ではありません。下がノベックの化学構造です。水「H2O」とは似ても似つかない分子です。パーフルオロアルキル基を持つケトンやエーテルという分類の物質です。

ノベックの構造

ノベックの構造

パーフルオロ(ペルフルオロ)per-は完全にという意味があり、水素が完全にフッ素に置換されたという意味になります。ですから化学構造中には沢山のフッ素が入っています。

パーフルオロアルキル基

パーフルオロアルキル基

ケトンは聞き馴染みはないかもしれませんが、実は身近にある物質で除光液にはいっています。除光液の主成分であるアセトンはケトンに分類される分子です。✴︎除光液の成分は製品によって違う。最近はアセトンフリーの除光液がよく販売されている。

パーフルオロケトン

パーフルオロケトン

濡れない水・ノベックは、構造式を見ると水とは程遠い物質というのがわかったと思います。ノベックはどちらかというと水というよりも、有機溶媒と呼ばれる液体、除光液(アセトン)やエーテルといった分子に近いです。

こめやん

透明で毒性がないというのでまるで水のようだからそう呼ばれたのかも?

ノベックの面白い特徴は沢山のフッ素によるものです。ここでは専門的な話は避けますが、沢山のフッ素をつけると

  • 水をはじく(水と混ざらない)
  • 重くなる
  • 沸点が低くなる(蒸発しやすい)
  • 化学的に安定(低毒性)

などの特性が付与されるようになります。

実は似たような性質を示す物質は沢山あります。例えばジクロロメタンやクロロホルムと言った有機塩素化合物です。

有機塩素化合物

有機塩素化合物

ジクロロメタンは水と混ざらずにすぐに蒸発して、水よりも重く安定性も比較的高いですが毒性が高いです。

ジクロロメタンは体内で代謝されてギ酸クロリドや一酸化炭素といった反応性の高い毒性物質に変化します。

一方で化学的安定性に優れたノベックは代謝されにくく反応性が高い有毒物質がでてこないので安全性が高いというわけです。*生体内で変化せずとも悪影響を及ぼすこともある

様々な安全性テストが実施されていますが目立った毒性は報告されていませんが、食品として安全を保障されているわけではないので、飲料してはいけません。

参考 取得できませんでした取得できませんでした
  1. Krafft, M. P., Riess, G. J. Chem. Rev., 109, 1714(2009).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。