To make Everyone Researcher  全ての人を研究者に 

フリーデル-クラフツ アシル化: Fridel-Crafts Acylation

フリーデル-クラフツ アシル化

ハロゲン化アシルや酸無水物を用いて、Lewis酸触媒存在下で、芳香族あるいは脂肪族化合物にケトンを導入する反応をフリーデル-クラフツ アシル化と呼びます。アルキル化と同様に、電子豊富な基質が必要で、強い電子求引基を持つ芳香族化合物では反応が進行しないことが知られています。ハロゲン化アシル以外のアシル化反応剤としては、多官能基をアシル化できるハロゲン化オキサリルなどのアシル化剤の他に、芳香族あるいは、脂肪族カルボン酸、酸無水物、ケテン、エステルなどがあります。反応性にかんしてもヨウ化アシルが通常の場合最も反応性に富んでおり、逆にフッ化アシルが最も反応性が低いです。アルキル化とは異なる点としては、アシル化の場合、アシル基(アシル化剤および生成物)に当量のルイス酸が配位してしまうため通常は過剰の触媒を必要とします。また、アルキル化と異なり、電子求引性基であるアシル基が導入されるため、複数のアシル化が進行することはありません。

反応の歴史

 

反応機構

反応機構の最初の段階では、1当量のLewis酸がアシル化反応剤のカルボニル酸素に配位します。次に、別の等量のLewis酸が最初にできたカルボニル複合体をイオン化して、第二の電子供与体-受容体複合体を形成し、それがイオン化促進溶媒中でアシリウムイオンに乖離します。典型的な芳香族求電子置換反応(SEAr)機構によって芳香族ケトン-Lewis酸複合体を与えた土地、後処理によって加水分解して目的の芳香族ケトンを与えます。

実験操作

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。