全ての人を研究者に 

フィッツパトリックのスキンタイプの意味や診断方法とは?

スキンタイプとは?

フィッツパトリックのスキンタイプは美容や皮膚に興味のある方はご存知のかたも多いと思います。

簡単に言えばただの肌の明るさ別の分類なのですが、美容や皮膚疾患の治療など様々なシーンでで使われていることから非常によく目にします。

今回はこのフィッツパトリックのスキンタイプとはいったい誰が何の目的で作ったのか?そしてどのような応用がなされているのか?を紹介していきます。

フィッツパトリックのスキンタイプとは?

フィッツパトリックのスキンタイプはハーバード大学医学部皮膚科医のThomas B. Fitzpatrickによって作られた日射による日焼けの具合に基づいて作られた主観的な分類(見た目)です。

フィッツパトリックは皮膚科医として権威のある人物で「悪性黒色腫:メラノーマ・皮膚がんの一種」を研究していました。フィッツパトリック氏は日焼けと黒色腫発症の関連性を調べる研究を行う過程でスキンタイプを開発しました。

参考 Thomas B. Fitzpatrick - Wikipedia取得できませんでした

初期のスキンタイプは1972年に白人を対象に肌のタイプを3種類(1~3)に分類しました。

  • タイプ1:日射で容易に赤くなり(火傷)、黒くならない人
  • タイプ2:日射で簡単に赤くなり、黒くなりにくい人(そばかす、赤毛)
  • タイプ3:日射で適度に赤くなり、黒くなる人

が初期の分類です。

現在は更に3タイプを加えた6つのタイプ分類が使われています。

スキンタイプ やけどと色素沈着 素早い色素沈着 時間経過後の色素沈着 地肌の色
1 容易に日焼けし、決して黒くならない みられない みられない Ivory white
2 容易に日焼けし、黒くなりにくい 弱い 最小限
3 適度に日焼けし、適度に均一に黒くなる 適度 弱い
4 最小限の日焼け、容易に適度に黒くなる 中程度 中程度 軽く日焼けしたBeige-Olive
5 めったに日焼けしない すぐに 強い 適度に茶色あるいは日焼けで黒くなっている
6 日焼けしない すぐに 強い 濃い茶色あるいは日焼けで黒くなっている

肌のタイプの違いは

  • 遺伝子的要因(人種など)
  • 日焼けする習慣

などによって変化します。日中外で活動して日に焼けやすい人はひどい火傷にはなりにくいです。遺伝的要因は強い因子です。皮膚のメラニン沈着がほとんど起こらない人もいます。

スキンタイプの診断法

スキンタイプは質問項目を点数化されていてそれを集計することによってスキンタイプを診断します。目の色、髪の色、皮膚の色、そばかすの数、日光にあたった際の皮膚の変化の仕方などがあります。白人人種の人たちに共通する特徴のある人は日光に弱く、スキンタイプは1に近くなります。

日本人のスキンタイプは2~3の人が多いと思います。

現在フィッツパトリックのスキンタイプを客観的な指標で評価できる分析機器が提供されています(Dermatone Skin Analyzer)。これを使えばスキンタイプを客観的かつ正確に診断が可能です。

スキンタイプで何がわかる?

スキンタイプが分かれば、皮膚がんのなりやすさが分かります。スキンタイプ1~2の人は皮膚がんになりやすいです。スキンタイプが小さい番号の人は皮膚にダメージを負いやすいので日光にさらされるときは日焼け止めを利用しましょう。

皮膚に対するレーザー脱毛やUV照射療法の副作用・リスクも分かります。皮膚への照射はスキンタイプが大きい4~6の人の方が副作用リスクが大きいことがわかっています。一般的に皮膚の色が暗い人のほうが色素沈着や色調変化の副作用が起こりやすいことが知られています。ケミカルピーリングなども皮膚タイプが1~3の人は向きますが、4~6の人は炎症性色素沈着などが起こりやすいです。

参考文献

1) Sachdeva, Silonie. “Fitzpatrick skin typing: Applications in dermatology.” Indian Journal of Dermatology, Venereology, and Leprology 75.1 (2009): 93.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。