化学

重溶媒の溶媒ピーク一覧!

NMRの溶媒ピーク

NMRを測定した後、溶媒ピークに基準を合わせる方も多いと思いますが、普段使わない重溶媒を久々に使用すると重溶媒の基準ピークは何ppmだったかな?ということがよく起きます。そのために重溶媒で出てくる溶媒ピークの一覧を作成しました。

重溶媒の溶媒ピークの化学シフト値:HNMR

H-NMRを測定した時に出てくる溶媒ピーク&(水)の化学シフト値をまとめました。以下重溶媒です。

  1. クロロホルム: 7.26ppm (1.56ppm)
  2. DMSO: 2.50 ppm (3.33ppm)
  3. アセトン: 2.05 ppm (2.84ppm)
  4. メタノール: 3.31 ppm (4.87ppm)
  5. 水: 4.79 ppm
  6. ベンゼン: 7.16 ppm (0.40ppm)
  7. アセトニトリル: 1.94 ppm (2.13ppm)

です。溶媒ピークはNMRを測定していくうちに知らぬ間に覚えていきます。測定したい化合物のピークとNMR溶媒のピークが重ならないような溶媒を選択するとよいです。

重溶媒ピークの化学シフト値: 13C

炭素のNMRの溶媒ピークはプロトンよりも忘れがちです。

  1. クロロホルム: 77.16 ppm
  2. DMSO: 39.52 ppm
  3. アセトン: 29.84 ppm(CH3), 206.26 ppm (C=O)
  4. メタノール: 49.00 ppm
  5. ベンゼン: 128.06 ppm
  6. アセトニトリル: 1.32 ppm (CH3), 118.26 ppm (CN)

クロロホルムの溶媒ピークは覚えておきたいところです。プロトンはかなり低磁場にでますが、カーボンは77ppmと結構高磁場ですね。ベンゼンは120ppm付近と低磁場にあります。このあたりは芳香族炭素のピークが出てくる領域です。ニトリルは120ppm付近に少し小さめのピークで出てきます。ケトンはかなり低磁場にでてきます。エステルなどは20,30ppm高磁場側にでてきます。

溶媒ピークを基準ピークとして化学シフト値を合わせることができますが、NMRの基準物質を加えてピークを合わせることもできます。NMRの基準物質については以下の記事を参考にしてください。

NMR標準物質の一覧
NMRの基準物質 (TMS)のピーク一覧測定する機器や溶媒、溶質、温度など様々な条件によってNMRスペクトルは変化するので、他の物質間のNMRスペクトルを比較するときには基準と...

参考文献リスト

NMRの溶媒ピークや不純物のピークについては以下の論文を参考に作成しています。役立つ論文なので見てみてください。

Fulmer, Gregory R., et al. “NMR chemical shifts of trace impurities: common laboratory solvents, organics, and gases in deuterated solvents relevant to the organometallic chemist.” Organometallics 29.9 (2010): 2176-2179.

ABOUT ME
こめやん
こめやん
こめやんは理学博士です!化学の面白さと学ぶメリットを少しでも伝えるために日々頑張ります! ツイッターにて疑問点や依頼などを募集しています! 論文の和訳やレポートのチェックなどでもお気軽にお待ちしております

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。