コラム

うさぎの耳はなぜ長いの?

うさぎの耳が長い理由

なぜうさぎの耳は長いのか?そんな疑問を持ったことはありませんか?うさぎの特徴である長い耳ですが、耳が長い理由は一体何なのでしょうか?

ウサギの耳が長いのは主に2つの理由があるようですよ!

うさぎの耳が長い理由

うさぎの耳が長い理由にはいくつかの説が提唱されています。

  1. 音をよく聞くため
  2. 熱の放出のため

という2つの理由があるとされています。うさぎは草食動物で肉食動物にとっては重要なタンパク源です。サイズも大きすぎずないのであまり大きくない肉食動物にとってはうさぎはちょうどよい捕食対象になるでしょう。そのため、うさぎは自らの身を守るためによく音を聞いて襲撃に備える必要があり、大きな耳を持つことで外界の音をはっきりと捉えられるようにしていると考えられています。ウサギの耳は別々に自由に方向を変えることができるので音を聞くのに適しています。

2つ目の熱の放出のためですが、汗をかかない動物にとって、熱放出は大きな問題になります。うさぎの耳には微細な血管が張り巡らされているため、耳から体熱を放出することが可能です。このため、うさぎは汗をかかなくても耳で体温調節をすることができます。

他の耳の長い動物は意外に少ないですが、他にはロバやフェネックなどの動物がいます。ロバは体が大きいので体温調節というわけではなさそうですが、音を聞き分けるためというのはアリそうですね。フェネックは狐の仲間で耳の長い動物です。生息地はエジプトやスーダン、アルジェリアなどの砂漠地帯に多い体の小さな狐です。フェネックの耳もおそらくうさぎと同じように音を捉えるために大きいと考えられます。砂地で獲物を見つけ出すのに大きな耳は役に立ちます。また、砂漠という暑い地帯では体温の放熱も重要だと考えられます。フェネックの大きな耳は体温を調節するのに役立っていると思われます。

フェネックはアニメ「けものフレンズ」でも登場して話題になっています。ペットとして販売されていて日本で購入することもできます。

うさぎで耳の長いものはたくさんいますが、ホーランドロップはたれ耳がかわいいうさぎです!

外耳の発達と耳の良さの関係は?

ちなみに私達が普段耳といっている部分は解剖学的には「耳介(Outer Ear)」と呼びます。耳は鼓膜なども含めた全体も耳ですのでそれぞれの呼び方があります。耳の構造
Figure is in the Public Domain.

耳介は図のように外に張り出した部分のことです。この耳介は音を集音するのに役立ちます。ならばこの耳介が発達していると耳がよいのかというと実はそうでもありません。

鳥類は耳がよく発達しているにもかかわらず哺乳類のような耳介はありません。フクロウは耳が良いですが耳介はなく楕円形の穴が空いているだけです。なぜ外耳がなくても音の方向などを正確に把握できるか?についてはHans A. SchnyderらがPLOS ONEという学術雑誌に2014年に論文を投稿しています。
論文によると外耳がなくても鳥の球形に近い頭に対する音の回折によって生じる雑音?などを利用して音の方向を把握しているようです。
SCHNYDER, Hans A., et al. The avian head induces cues for sound localization in elevation. PloS one, 2014, 9.11: e112178.

ウサギの耳の長さと生息地は関係があるのか考察

ウサギの耳が放熱のためであるなら、砂漠地帯など、暑い場所に住んでいるうさぎと北極など寒い地域に住んでいるうさぎの間で、耳の長さ、大きさが異なるはずではないですか?

おそらく、暑い場所にいるうさぎは体温を効率的に逃せるように長く大きい耳を持っているはずです。そこで乾燥帯に住むうさぎを調査していみました。

それがジャックラビットです。ジャックラビットは北アメリカの砂漠地帯に住んでいるうさぎのようです。写真を見ていただきましょう。

jack rabbit arches natl park moab utah © dfbphotos (Licensed under CC BY 2.0)

ジャックラビットの耳は長く大きいですね。バランスが悪いです。やっぱり温かい場所にいるうさぎは耳で放熱しているんでしょうかね?

では、寒い地域に住んでいるうさぎはどうなのか?寒い地域といえば、北極や南極が思いつきますが、それにピッタリのうさぎを見つけました。「北極ウサギ」です。

Arctic_Hare_1Arctic_Hare ©Steve Sayles(Licensed under CC BY 2.0)

上のジャックラビットと比べて北極ウサギはかなり小さいです!が、普通のウサギと比べてものすごく小さいか?と聞かれれば、あまり違いはないのかな?とも思ってしまいます。ただ耳のふさふさ具合はかなりのものです!ただ、なぜか足の毛が少ないのはどうしてなんでしょうか?寒そうですけど。

結論

暑いところにいるウサギはやっぱり耳も大きかった。寒い地域のウサギは気持ち小さめで家が沢山生えて保温していた!

北極ウサギの耳が劇的に小さくないのは、ウサギの耳はトレードマーク的なものなので、ある程度までしか小さくできないからなんでしょうか?

ABOUT ME
こめやん
こめやん
こめやんは理学博士です!化学の面白さと学ぶメリットを少しでも伝えるために日々頑張ります! ツイッターにて疑問点や依頼などを募集しています! 論文の和訳やレポートのチェックなどでもお気軽にお待ちしております