化学

HPTLC(高性能薄層クロマトグラフィー)とは?何が違うの?

高性能薄層クロマトグラフィーHPTLC

HPTLC(高性能薄層クロマトグラフィー)の違いと特徴は?

HPTLCは高性能薄層クロマトグラフィー(High Performance)は通常のTLCと比べてシリカゲルの粒径が通常のシリカゲルよりも小さく、均一にガラス面に塗布されたTLCです。一般的にシリカゲルの粒子径が小さい方が分離能が高いです。HPTLCのシリカゲルは粒子径が小さいだけでなく、粒子の均一さも整っています。

HPTLCは通常のTLCと比べシャープなバンドを得やすく、5-10倍の高感度な分析が可能と言われています(バンドが広がりにくい)。

HPTLCを扱う上で注意することは、通常のTLCと比べてシリカゲル層が薄いので、チャージ量は1/10程度にする必要があります。それにしたがってチャージしたスポットの大きさも1.5mmくらいの直径にします。展開する距離も5-7 cmくらいと通常よりも短くなるため10x10cmくらいの大きさで販売されています。展開の方法は通常のTLCと同じで構いません。

高性能クロマトグラフィーは各社から販売されていて、メルクGEなどで取り扱っています。

GIVE

ABOUT ME
こめやん
こめやん
こめやんは理学博士です!化学の面白さと学ぶメリットを少しでも伝えるために日々頑張ります! ツイッターにて疑問点や依頼などを募集しています! 論文の和訳やレポートのチェックなどでもお気軽にお待ちしております