化学

原子の結合、手とはわかりやすく解説

前回の原子に引き続き今回は結合に関してやっていきたいとおもいます!

結合って何

前回扱った分子はただ集まっているわけではなく、原子同士が手をつなぐようにつながっています。
これを結合と呼びます。
水(H2O)はどのようにつながっているかというと

なぜ右側の構造は違うかというとそれは、「H」の手の数は一つだけだからです。

原子の手

「元素」の手の数はその「元素」ごとに決まっています。「O」は二本、「H」は一本です。

他の元素の手の数は

この手の数を覚えれば、たくさんの分子の構造がかけるようになりますよ!

次回はイオンについてです。お楽しみに!

ABOUT ME
こめやん
こめやん
こめやんは理学博士です!化学の面白さと学ぶメリットを少しでも伝えるために日々頑張ります! ツイッターにて疑問点や依頼などを募集しています! 論文の和訳やレポートのチェックなどでもお気軽にお待ちしております