To make Everyone Researcher  全ての人を研究者に 

ピペリジンアルカロイドの化学 種類 一覧

ピペリジンアルカロイド

アルカロイドのうち、基本骨格としてピペリジンを含むものをピペリジンアルカロイドと呼びます。ピペリジンアルカロイドとしてはドクニンジンに含まれるコニインが有名です。ここではピペリジンアルカロイドの種類、生合成などを紹介します。

ピペリジンアルカロイドとは?

ピペリジンアルカロイドはピペリジンがアミンの骨格として組み込まれているアルカロイドの総称です。

ピペリジンアルカロイドの構造

ピペリジンアルカロイドを生成する経路としては、

  1. アミノ酸のリジンから合成(真正アルカロイド)
  2. アセチルCoAとマロニルCoAから合成(プソイドアルカロイド)

があります。コニインは2のマロニルCoAとアセチルCoAから合成されています。

リジンからピペリジン環に

アルカロイドの基本骨格となるピペリジンは、リジンから合成されます。リジンの脱炭酸により、ジアミンが生成し、酸化によってアルデヒドにイミン環化、還元でピペリジンが生成します。

リジンからピペリジンの生合成

ポリケチドからピペリジン環を構築

ポリケチド経路でピペリジン環

アセチルCoAとマロニルCoAからポリケチドが合成されます。ポリケチドにアミンが入ってピペリジン環が作られます。コニインはリジンから作られずにポリケチド由来のアルカロイドです。

夏目充隆. ピペリジン環を含むアルカロイド類の合成. 有機合成化学協会誌, 1986, 44.4: 326-339.

ピペリジンアルカロイドの種類一覧

自然界に存在するピペリジンアルカロイドの一覧です。

ピペリジンアルカロイドの一覧

コニイン

コニインはドクニンジン由来のアルカロイドです。ポリケチドからの経路から生合成されるアルカロイドです。

ドクニンジンの毒成分_コニインドクニンジンの毒成分コニイン

イソペレチエリン

イソペレチエリンはザクロに含まれているアルカロイドで、リジンを原料に生合成されます。

イソペレチエリンの構造

ソレノプシン

ソレノプシンはヒアリなどの毒アリが持っている有毒成分で、ピペリジン骨格を持っています。

ヒアリの毒の構造

毒アリ蟻に噛まれたら?アリは噛んで刺す?チクチク痛みの処置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。