化学

DNP(2,4-ジニトロフェニルヒドラジン)ケトンとアルデヒドの発色試薬

DNP_TLCの発色試薬の特徴と原理と作り方

DNPによるケトンとアルデヒド検出の原理

DNP(2,4-Dinitrophenylhydrazine)はケトンやアルデヒドと反応して黄色~橙色に呈色します。TLC上でも黄色から橙色のスポットとして検出できます。検出試薬には酸が含まれているため、アルデヒドのアセタール保護体などは外れて検出される場合があります

DNPの発色機構、原理

DNPのヒドラジンはケトンやアルデヒドに求核付加、脱水によりヒドラゾンを形成します。生成したヒドラゾンは芳香族ケトン・アルデヒドではより濃く発色(橙色)し、脂肪族では黄色に発色します。DNPは Brady’s 試薬やBorche’s 試薬とも呼ばれます。

DNPはアルコールからアルデヒド・ケトンを合成した時などに便利です。

発色試薬のレシピ・作り方

  1. 2,4-ジニトロフェニルヒドラジン 75 mg
  2. エタノール 25 mL
  3. 85% リン酸 25 mL

DNPをエタノールに溶解し、リン酸を加えて調製します。できるだけ冷蔵庫で保存したほうが良いです。室温で数ヶ月以上保存すると沈殿が生じてきますが、使用している感じでは使えています。

リン酸がない場合

  1. 2,4-ジニトロフェニルヒドラジン 1.2 g
  2. 濃硫酸 6 mL
  3. 蒸留水 8 mL
  4. エタノール 20 mL

でも作れます。

DNP 発色試薬の使い方

展開後のTLCをDNP発色試薬溶液にディップします。フリーのアルデヒドなどは加熱しなくても瞬時に橙色に発色します。反応性が低いケトンなどは加熱が必要です(110℃ 10min)。あまり加熱しすぎると焦げて発色が見えなるので注意します。

検出できる化合物は、アルデヒド、ケトンの他、還元糖(アルドース、ケトース)、デヒドロアスコルビン酸などがあります。

ABOUT ME
こめやん
こめやん
こめやんは理学博士です!化学の面白さと学ぶメリットを少しでも伝えるために日々頑張ります! ツイッターにて疑問点や依頼などを募集しています! 論文の和訳やレポートのチェックなどでもお気軽にお待ちしております