DNSのレコードを確認するコマンド dig nslookupの使い方

DNSレコード nslookup digの使い方

レコードとは?

DNSサーバーは自身が管理するゾーンについての情報が書かれた「ゾーンファイル」を持っています。

ゾーンファイルにはIPアドレスやホスト名が書かれています。例えばあるドメインに対するIPアドレスの情報やメールサーバーの情報などが書かれています。それらの情報の記述形式は決まっています。

その記述形式のことを「リソースレコード」といいます。

リソースレコードの種類

ゾーンファイルには様々な情報が書かれています。リソースレコードには

  • Aレコード    指定したドメインに対応するIPv4アドレス(正引き)
    • host.example.com.  IN  A 192.168.0.5  (IPv4)
  • AAAAレコード  指定したドメインに対応するIPv6アドレス(IPv4は32bitでIPv6は4倍の128bitだから)
    • host.example.com.  IN  AAAA 2406:1231:e4:a1a::10 (IPv6)
  • PTRレコード   指定したIPアドレスに対応するドメイン名(逆引き)
    • 0.168.192.in-addr.arpa. IN PTR  www.example.com.  逆引きの書き方は特殊
  • NSレコード    そのドメインを管理するネームサーバーのFQDN
    • example.com. IN NS ns.example,com.
  • MXレコード    指定したドメインに対応するメールサーバー
    • example.com. IN MX 5 smtp.example.com.
  • SOAレコード    指定したドメインのゾーンを管理するネームサーバーの情報(シリアル値、更新時間…) Start Of Authority の略。
    • example.com. IN SOA ns.example.com. root.example.com.
  • CNAMEレコード  ドメイン名のエイリアス(別名)情報
    • host.example.com IN CNAME www.example.com.
    • 一つのIPアドレスに対して複数のドメイン名を付けたいときに使う。例えば、メールのSMTPサーバー、webサーバー、DNSサーバを同じホストで立ち上げると皆同じアドレスになる。これをCNAMEに登録することでsmtp.example.com=www.example.com=ns.example.com=192.168.0.5とできる。
  • TXTレコード    補足情報

などがあります。

レコードを確認するコマンド

レコードを確認するコマンドはwindowsやMacOS、Linuxによって変化しますが、ここではLinux(CentOS7)におけるレコードを確認するコマンドについて解説していきます。

レコードを確認するコマンドとしては

  • nslookup
  • dig

コマンドがあります。

nslookup

nslookup (オプション) FQDN または(ネームサーバーのIPアドレス)

例:nslookup www.google.com

DNSサーバーのアドレスが帰ってくる

レコードタイプを指定して参照したい場合は

nslookup -querry=MX www.google.com

とやります。

dig

digコマンドはリソースレコードを確認するコマンドとして推奨されるコマンドです。詳しくレコードを確認することができます。

digコマンドの使い方は

dig  (FQDN) (レコードタイプ) 例:dig www.google.com MX

です。

digコマンドはいくつかの項目に分かれて結果が返答されます

  • Question Section    要求ドメイン名・FQDN
  • Answer section    検索結果が表示
  • Authority section    情報の権威委譲先
  • additional section    補足情報

digコマンドでAレコードを調べる

実際にAレコードを確かめてみましょう

digコマンド
dig yahoo.co.jp A

 

結果は以下の図のように出てきます。digコマンドの結果はいくつかのセクションに分かれています。

digコマンドの結果

digコマンドの結果

重要なところはQuestion SectionとAnswer Sectionです。

Question Sectionにはdigコマンドで聞いた内容が記されています。yahoo.co.jpのAレコードを訪ねたので

yahoo.co.jp IN Aと書かれており、合っています。

次にAnswer sectionです。ここには回答が書かれています。

yahoo.co.jp.のIPv4アドレスを聞いていたので、実際にAレコード 182.22.59.229が返答されています。

digコマンドで逆引き(PTRレコード)する

通常DNSではFQDNを指定して参照していきます。特にFQDNからIPアドレスを参照することを正引きといいます。

それとは逆にIPアドレスからFQDNを参照することを逆引きといいます。逆引きのレコードはPTRレコードです。

digコマンドではオプション -xを指定して参照します。

digコマンドでPTRレコードを参照
dig -x 183.79.250.123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。