Viの使い方 保存など最低限使える方法を簡単に解説

viエディタの使い方

viはLinux標準のテキストエディタです。GUIが中心のWindowsとの大きく操作性が違うので、つまずく一つのポイントです。もちろんLinuxにもメモ帳のようなGUIアプリはありますが、コマンドラインで操作することが多いLinuxではviが使えたほうが圧倒的に便利です。

今回は最低限度のviの使い方を紹介します。

よく使うコマンド一覧

最低限のよく使うコマンドを集めました。

  1. 「i」:カーソルの左側に文字入力モードに
  2. 「x」カーソル上の1文字消去
  3. 「dd」カーソル行を削除
  4. 「yy」カーソル行をコピー
  5. 「p」カーソル上にペースト
  6. 「u」取り消し
  7. 「:wq」保存して終了
  8. 「:q!」保存しないで終了
  9. 「:q」上書き保存
  10. 「Esc」コマンドモードに戻る

わけわからなくなったら「Esc」押して「:q!」で何とかなります。

viテキストエディタの使い方

viはコンソール上でテキストファイルと開くと使えます。

例えば

「sudo vi /etc/example/example.conf」

と打ち込むとviエディタでexample.confが開かれます。

viのコマンドモードと入力モード

viの特徴は2つのモードが存在するところです。

viを開いたときはコマンドモードです。

一方で、入力モードとは文字を打ち込んだり、改行したりするモードです。普通のテキストエディタと同じですね。

viが直感的に異なる点・ややこしい点は

  1. コマンドモードに使うコマンドを覚えるのが大変
  2. 入力モードでは文字削除が思い通りにできない
  3. 入力モードではコピーペーストがうまくできない

などがあります。

コマンドモードから入力モードへの移行「i」と「Esc」

viは初期状態がコマンドモードです。文字を入力するには、入力したい位置にカーソルを移動して「i」を押します。カーソルの左側に文字が入力されます。

逆にコマンドモードに戻るときは「Esc」を押します。

これが「vi」の基本です。

大・小文字を区別するのでCaps Lockをチェックしましょう。

入力モードに入る他のコマンド

大文字「A」:カーソル行の末尾に文字を入力する状態に

大文字の「I」:カーソル行の頭に文字を入力する状態に

コマンドモードの操作

削除

最も戸惑うのがテキストの削除だと思います。

最もよく使うであろう「Back Space」は使えません。またDeleteキーはカーソルの後ろの文字を削除できますが、改行を消去できません。

いろいろと問題があるのでviではコマンドモードで削除を行いましょう。入力中にミスしたら「Esc」キーを押してコマンドモードに戻って削除して、入力モードに戻るという感じです。

  1. 「x」カーソル上の1文字消去
  2. 「dd」カーソル行を削除
  3. 「数字dd」数字分行を削除:2ddは2行削除

が基本です。

一応viの上位互換版的「vim」やもっと直感的で扱いやすい「nano」などがありますが

コピペ

コピペもコマンドモードで行います。

削除操作は自動的に「切り取り」になっているのでそのままペースト操作をすれば貼り付けられます。(dd→p)

  1. 「yy」カーソル行をコピー
  2. 「p」カーソル上にペースト

元に戻す

コマンドモード中に「u」を入力すると直前の操作を取り消せます。

文字検索

コマンドモード中に「/検索したい文字列」を入力すると検索されます。次の候補は「n」を押すと移動します。

保存・終了操作

コマンドラインなので上書き保存ボタンや閉じるボタンはないのでコマンドを打ちます。コマンドモードで操作します。

  1. 保存して終了「:wq」
  2. 保存しないで終了「:q!」
  3. 上書き保存「:q」

なぜviは不便に感じる?

viは昔のPC、UNIXで利用していたテキストエディタで当時のPCはマウスは普及しておらず、さらにカーソルキーなどの特殊キーがなかった時代であるため、viでは英数字などのキーのみで操作できるようにしてあります。

今の時代はGUIが当たり前でマウスも使えますが、そうでない時代にとってはviが便利だったということですね。今でもコマンドライン中心で動かす場合は使いこなせれば素早くテキスト編集できる利点があります。

今回はviを紹介しましたが、ほかにも「vim」「Emacs」「nano」がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。