ターゲット (ランレベル)とは?設定の方法

ターゲット・ランレベルとは?

ブートローダーが起動してカーネルが起動したあと、最初に「systemd」が起動します。

systemdはファイルシスステムやネットワーク設定などを立ち上げていきます。この時GUIが必要かどうか?で立ち上げるサービスなどが大きく異なります。

ランレベルは起動時にCUIだけでよいのか?ネットワークが必要か?GUIが必要か?というような起動時の形態を表したレベルです。

CentOS7ではランレベルという呼称は使われず代わりに「ターゲット」という名称が用いられています。

ターゲット 状態
poweroff 電源オフ
rescue セーフモード。必要最低限でrootのみ
multi-user マルチユーザー・CUI
graphical マルチユーザー・GUI
reboot 再起動

従来のランレベルはレベル0~6の7段階でしたが、ターゲットでは5段階と減っています。
ランレベルに対応させると、0のpoweroffから1,3,5,6という順になります。

Linuxインストール時に最小限でインストールした場合、初期設定がCUIしか利用できない環境になります。
これはターゲットがCUIのみの「multi-user」になっているからです。
デスクトップ環境を入れた後もターゲットが「multi-user」であれば毎回立ち上げの度に「startx」でGUIを起動する必要があります。

面倒なので、ターゲットを変更して電源オンでGUIが立ち上がるように設定を変更しましょう。

ターゲットの変更

今現在のターゲットの確認はコマンドライン上から

systemctl get-default

で確認できます。multi-userやgraphicalと出てきます。

ターゲットの変更は以下のコマンドで行います

systemctl set-default (ターゲット名).target

systemctl set-default graphical.target

です。

起動中にターゲットを変更

GUIを使っていてCUIに移りたいときには仮想コンソールの切り替え以外にもターゲットを変更してCUIに移れます。

systemctl isolate multi-user.target

ターゲット名を変更すれば他のターゲットにもうつれます。またこのコマンドを実行してもデフォルトのターゲット設定は変化しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。