検索結果からyoutube動画を除く方法!検索に引っかかる動画が邪魔

youtube動画を検索結果除去する方法

検索結果からyoutube動画を除く方法

最近googleで検索していると検索結果にyoutubeが入り込んできてウザイ!と思ったことありませんか?

動画のほうがわかりやすいものもありますが、動画を見るのに時間がかかるので文章で調べたい時は結構あります。そこで、youtube動画が検索結果に入り込まない検索方法を紹介します。

YOUTUBE無し検索!

上の検索窓は「googleカスタムサーチ」で作成したものです。googleカスタムサーチでは検索結果から特定のサイトを除外したり、特定のサイト内のみで検索できるようにカスタムできます。具体的には「*.youtube.com」のドメインを検索結果から除外するように設定しているだけです。

普通のgoogle検索でyoutubeの検索結果を除去する方法

実はわざわざカスタムサーチを使わなくても通常のgoogle検索でyoutube動画を検索結果に表示させない方法はあります。google検索窓には検索を絞り込む機能があるのですが、意外と知らない人が多いと思います。

「youtube」の検索結果を除去したいので検索除外の設定をします。検索で「-youtube」と指定するだけです。「-」マイナスなので「このキーワードが入っているものは除く」という意味になります。

「人気の動画」と検索したときに除外指定しないとyoutube動画が検索結果に載ってきます。youtube動画を検索結果から除外

これに人気の動画 -youtubeを加えると検索結果からyoutubeの結果が除外されているのがわかります。

youtube動画を検索結果から除外 ただし上の結果では問題があります。youtubeのサイトではないのに、youtubeというキーワードが入っている文字だけのサイトも除外されてしまっています。つまり、youtube.comというサイトだけを除外したいわけです。

youtube.comというサイトのみを除外するには「-site:youtube.com」と指定します。

違いが分かるでしょうか?このように検索の機能をうまく使うことによって自分の欲しい情報をうまく取り出すことができるようになります。ちなみに「site:youtube.com」のように「-」を除いて検索するとyoutube.comのサイト内で検索するという真逆の意味になります。

オプションを使いこなそう

検索結果を絞り込む機能をうまく使いこなしたいという方はgoogleのページを参照してみてください

https://support.google.com/websearch/answer/2466433?hl=ja

一部をここで紹介します。

SNSを指定して検索

@twitterや@instagramを入れるとツイッターやインスタなどのSNSサイト内を検索できます。

完全一致で検索

長い文字列を検索すると勝手に区切られてしまうことがあります。「シマウマの皮膚は白か黒か?」と検索しても勝手に「シマウマ」や「黒」「皮膚」などと分割されて検索されてしまいます。完全一致検索とは「シマウマの皮膚は白か黒か?」という文字列が完全に入っているサイトのみを検索したいときに使います。完全一致検索は「”」ダブルクォーテーションで囲うことで検索できます。

「”シマウマの皮膚は白か黒か?”」

OR検索

OR検索というと意味が分かりにくいですが、複数のキーワードで検索した結果を一緒に表示するという意味です。「アーモンドチョコ」「シマウマ」をOR検索するとアーモンドチョコの結果とシマウマの結果が一緒に表示されます。普通の検索の仕方はアーモンドチョコとシマウマがキーワードとして入っているサイトを表示しようとします。検索結果が少なそうなキーワードを検索するときに使うとよいかもしれません。OR検索は「アーモンドチョコ OR シマウマ」と指定します。

企業のサイトなどを除外したい!

最近はgoogleの方針で個人のサイトよりも企業などのサイトを優先して表示するようになっています。企業のサイトのほうがどこぞの誰かが書いたような情報よりも信頼がおけるからです。しかし、企業のサイトは情報量が少なかったりしてほしい情報が手に入りにくいことも多いです。企業は営利団体なので広告的な情報になっていることもあります。

企業サイトを除外した検索結果を得るにはどうすればよいでしょうか?一つ一つ企業のサイトを除外指定するのはとても労力がかかります。実は簡易的に企業サイトを除去する方法があります。それは企業専用のドメイン「co.jp」を除外指定する方法です。ドメインには.comや.netなど誰でも取得できるドメインの他に、ドメインの取得に条件があるものもあります。大学のドメインを見てみると「.ac.jp」となっているのに気付いたことはありませんか?この「.ac.jp」は大学などの教育機関しか取得できないドメインになっています。「.co.jp」は企業でないと取得できないドメインなので、このドメインを除外指定すれば企業サイトを除去することが可能です。この方法は万能ではないです。なぜなら「.com」や[.net」などのドメインを企業サイトが使っていることも多いからです。別に.co.jpを使わなければならないという決まりはありません。ですからこの方法はあくまで簡易的にしか除去できません。
企業サイト除去検索β

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。