ルーターとは何か?初心者にわかりやすく解説!

ルーター ゲートウェイとは?

ルーターはネットワークとネットワークを繋ぐ役割を持つネットワーク機器です。

家庭では、家の中のネットワーク(自分の家のスマホやパソコン、プリンタなど)と外のインターネットとをつなぐ機器です。ワイヤレス通信機能を持つルーターは無線LANルーターやWi-Fiルーターなどと呼ばれます

必要な知識

LAN
IPアドレス
サブネットマスク

ルーターとは?

ルーターはネットワーク同士をつなぐ機器です。道路で言えば交差点、鉄道で言えば複数の路線が交錯する東京駅のようなものです。

交差点で例えるなら、車は通信データになります。

それではルーターは何になるか?というと少しむずかいですが、複数の道路を結ぶ交差点自体とも言えますし、車(通信データ)が事故を起こさないように交通整理する信号とも言えます、また行き先を示す道路標識とも言えます。とりあえずなんとなくイメージがわいたでしょうか?

ルーターは複数のネットワークをつなぐ機器であり、別のネットワークにあるコンピュータへの道案内をします。

ゲートウェイとは?

ゲートウェイは異なるネットワーク同士をつなぐ機器を指します。ルーターはゲートウェイとして機能します。

ゲートウェイはルーターの別の言い方と言えます。

ゲートウェイ(ルーター)にはネットワークに接続するためのLANポートがあります。LANポートとはLANケーブルを接続するコンセントです。ここにケーブルを繋ぐことで別々のネットワークを接続できます。

3つのLANポートに別々のネットワークを接続するとき、ゲートウェイのLANポートにIPアドレスを割り振ります。IPアドレスとはネットワークの住所です。

ルーターではLANポートごとにIPアドレスが設定されます。

ルーターに3つのLANポートがあります。

例えば、

  1. 192.168.1.1
  2. 192.168.2.1
  3. 192.168.3.1

サブネットマスク255.255.255.0とするとネットワークアドレス192.168.1.x、192.168.2.x、192.168.3.xの3つの異なるネットワークがルーターに接続していることになります。

ゲートウェイに設定するアドレスは基本的に何でもよいですが、慣習的には端っこのアドレス「192.168.1.1」や「192.168.1.254」が使われます。

ゲートウェイアドレスはそのネットワーク統べるアドレスなので、同ネットワーク内のPCが別のネットワークに通信するときは、このゲートウェイアドレスにパケットを送信します。

複雑なネットワークになるとルーターが2つ以上連結していることもあります。そうなると宛先の機器にきちんと通信できるように道案内が必要になります。これを「ルーティング」といいます。

デフォルトゲートウェイとは

知らない宛先のネットワークを知っていると考えられる機器(ルーターやサーバー)をデフォルトゲートウェイといいます。

同じネットワーク内にある機器同士はルーターを介さなくても通信することができます。しかし、同じネットワークに無い機器、つまり別のネットワークワークの機器に接続するには外部ネットワークを繋ぐルーターに接続する必要があります。

192.168.1.2 と192.168.1.20はサブネットマスク255.255.255.0では同じネットワークです(192.168.1.x)。

一方で192.168.2.2 や192.168.15.52は別のネットワークなので通信できずそれを知ってるルーターに送ります。

デフォルトゲートウェイに設定されたルーターに別ネットワーク宛の通信は送られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。