Linuxのファイルのモードとは?drwxr-xr-xの意味

ファイルのモードとは?

linux上でファイルやディレクトリを確認するコマンド「ls」のオプション「-l」でみるとファイルのモードというものをみることができます。

「drwxr-xr-x」のように見えるものです。

この意味について紹介していきます。

ファイルのモードとは?

ファイルのモードはそのファイルの

  • 種類(ファイルなのか?ディレクトリなのか?)
  • パーミッション(リードオンリーか?書き込み可能なのか?)

を表記したものです。

全部で10桁ありますが、それぞれの桁数の位置に意味があります。「-」にも意味があります。

d rwx r-x r-x

10桁は「1, 3, 3, 3」の区切りで別れていて、最初の1桁ファイルの種別、残りはファイルの権限を意味します。

  • 先頭の1桁:ファイルの種類
  • 2~4桁:ユーザーに対する権限
  • 5~7桁:グループに対する権限
  • 8~10桁:それ以外に対する権限

です。

先頭1桁はファイルかディレクトリか?

最初の一桁目には「-」「d」「l」などが来ます。

  • 「-」ファイルを意味
  • 「d」ディレクトリ(フォルダ)を意味
  • 「l」ショートカット(シンボリックリンクファイル)

です。

drwxr-xr-xは「d」なのでディレクトリということがわかります。

ファイルの場合は-rwxr-xr-xとなります。

パーミッションとは?

ユーザーに対する権限、グループに対する権限などファイルへのアクセスに関してユーザーやグループに対してファイルへの利用を制限することができます。

2~4桁の3つ分は先頭からr:読み取り、w:書き込み、x:実行を意味します。

rwxと書かれていればユーザに対して読み書き実行を許可していることになります。

r-xであれば読み取りと実行は許可されていますが、書き込みは不可になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。