httpとは何か?わかりやすく解説!Webを支える根幹技術

HTTPの仕組み

HTTPは通信プロトコルでwebサーバーからwebページを取得するのに利用されるプロトコルです。

Webを支える根幹の技術で、webブラウザはhttpを使ってwebサーバーからwebページの情報をダウンロードしてきます。

HTTPとは何か?

HTTP (Hyper Text Transfer Protocol)はWebブラウザがWebサーバーと通信するときに利用される通信プロトコルです。HTTPとはどんな場面で利用しているのでしょうか?

IEやサファリ、ChromeなどのアプリケーションはWebブラウザと呼ばれており、インターネット上に公開されているWebページを閲覧するのに利用しています。

Webページは「HTML」という言語で書かれています。Webページはハイパーテキストという文字と文字同士をハイパーリンクで繋げた構造になっていて、ページからページに移動することができます。WebサーバーはWebページを保管している場所で、世界中の人にも閲覧できるようにしています。このようないわゆるインターネットの仕組みを「WWW (World Wide Web)」といいます。ブラウザにURLを入力すれば対応するwebページをwebサーバーからダウンロードしてくる仕組みなどです。

WWWの仕組み

WWWの仕組み

HTTPはwebサーバーからHTMLデータをはじめ、画像や音声など様々なデータの転送を行います。通信はTCPポート80番を使って通信します。

HTTPの通信を暗号化するにはSSL/TLSを利用します。暗号化したHTTPはHTTPSと呼ばれます。

HTTPリクエストとHTTPレスポンス

クライアントのウェブブラウザがWebページを表示するのに利用するURLは「http://example.jp」となっています。URLはWebページ(HTML)を取得するための「通信プロトコル名:http」とFQDNからなっています。

FQDNはWebサーバーのドメイン名です。IPアドレスはDNSで取得します。WebサーバーからWebページ(HTML)を取得するのにHTTPを利用します。WebブラウザはWebページを閲覧するためのアプリケーションです。

WebブラウザからWebサーバーにHTTPを使って通信を要求することをHTTPリクエストといいます。

Telnetでwebサーバーに接続してみます。

telnet example.jp 80

接続したらHTTPリクエストを送信します。

HTTPリクエストの中身は、「リクエストメソッド リクエストURI HTTPのバージョン

GETメソッド

GETメソッドを使えばファイル取得が可能です。

GET http://example.jp/home/index.html HTTP/1.0

HTTPレスポンスは

HTTP/1.0 200 OK
~
~
~

というようなレスポンスが帰ってきます。200という数字はレスポンスコードと呼ばれるものです。

  • 200は正常動作
  • 301や302は表示できるがリクエストページが移動している
  • 403 表示できる権限がない
  • 404 ページが存在していない
  • 500 サーバーに障害が発生

というような状態を確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。